猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第4巻 ピカレスク 太宰治伝

猪瀬直樹

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新事実と精緻な推理を駆使し太宰の遺書の謎に迫った傑作評伝ミステリー。日本文学史の固定観念に挑んだ「評伝三部作」のひとつ、『ピカレスク 太宰治伝』(2000年11月小学館刊行、2007年3月文春文庫)を収録。新事実と精緻な推理を駆使し、太宰の遺書の謎に迫った傑作評伝ミステリー。当代一の人気作家・太宰治は、なぜ遺書に「井伏さんは悪人です」と書いたのか。関係者から得た。師と仰いだはずの文豪・井伏鱒二との確執や、度重なる自殺未遂に隠された目論見など、死のうとする太宰ではなく、小説のために目標の設定と破壊を繰り返して勤勉に生きようとした、これまでにない太宰像を彫琢。その勤勉な青年の軌跡に、日本の近代の軋みが浮かびあがる。文春文庫版に収められた増補「『黒い雨』と井伏鱒二の深層」(『文学界』2001年8月号初出)のほか、巻末の「解題」には、井伏と太宰について縦横無尽に語り合った谷沢永一氏との対話「作家の沈黙 文学の終焉」(『Voice』2001年8月号初出)を収録。また、単行本刊行時に各紙誌に掲載された、鹿島茂、出口裕弘、佐々木幹郎、松永伍一、関川夏央、久世光彦ら各氏による書評を収める。

    続きを読む
    • 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」 全 16 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」 全 16 巻

      15,840円(税込)
      158pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(29件)
    • 2012/01/19

      天皇制について、というと今の日本人は近寄りがたい雰囲気を感じるかもしれない。
      学校教育では天皇制や戦争について学ぶことはないし、天皇というと(ネット含む)右翼左翼の激しい罵り合いレッテルの張り合いにう...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2012/01/30

       私を猪瀬ファンに変えた作品です。

       この著作を端的に言えば、「五島慶太伝」+「東京都市開発論」その比率、3:2。
       前編である『ミカドの肖像』に比べて扱ってる事件が古いものが多いので、その辺の取...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2009/05/13

      先日、トーキョーの福都知事になった猪瀬氏の本です。

      星5つじゃ、足んないや。

      でも、「日本人なら読むべし」とか、下らん事は言いません。
      「たまたまこの島国に生まれたから、日本語使ってますけど...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード