猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第5巻 ミカドの肖像

猪瀬直樹

1,100円(税込)

この本はアプリ専用です

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    近代天皇制に織り込まれたさまざまな記号を丹念な取材と世界的視座で読み解く。全く新しい視点から天皇制を捉え直し、第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『ミカドの肖像』(1986年12月小学館刊行、1992年2月新潮文庫上下巻、2005年4月小学館文庫)を収録。なぜ、皇族の土地にプリンスホテルが建っているのか? なぜ、オペレッタ「ミカド」は欧米で人気があるのか? なぜ、明治天皇の「御真影」は西洋人の風貌になったのか? いくつもの「?」の裏に隠された「近代日本」と「天皇」の不可視のシステム。近代天皇制に織り込まれたさまざまな記号を、丹念な取材と世界的視座に立つ壮大な考察で読み解いた、前代未聞の日本論。本書には巻末に文庫にはない、山口昌男氏との対話「“視えない天皇制”を視る」(『週刊読書人』1987年1月5日初出)や、本田靖春氏との対話「『ミカドの肖像』余聞」(『潮』1987年4月号初出)を収録。また、高階秀爾氏による文庫版解説(新潮文庫版)のほか、天皇制をめぐるノンフィクション全般を俯瞰した柳田邦男氏の「天皇の空白部分」(1993年6月文藝春秋刊『同時代ノンフィクション選集第8巻所収)を収録する。

    続きを読む
    • 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」 全 16 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」 全 16 巻

      15,840円(税込)
      158pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(29件)
    • 2012/01/19

      天皇制について、というと今の日本人は近寄りがたい雰囲気を感じるかもしれない。
      学校教育では天皇制や戦争について学ぶことはないし、天皇というと(ネット含む)右翼左翼の激しい罵り合いレッテルの張り合いにう...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2012/01/30

       私を猪瀬ファンに変えた作品です。

       この著作を端的に言えば、「五島慶太伝」+「東京都市開発論」その比率、3:2。
       前編である『ミカドの肖像』に比べて扱ってる事件が古いものが多いので、その辺の取...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2009/05/13

      先日、トーキョーの福都知事になった猪瀬氏の本です。

      星5つじゃ、足んないや。

      でも、「日本人なら読むべし」とか、下らん事は言いません。
      「たまたまこの島国に生まれたから、日本語使ってますけど...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード