血の轍 1巻

押見修造

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏が、ついに辿り着いたテーマ「毒親」! 母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変する。母・静子によって。狂瀾の奈落へと! 読む者の目を釘付けにせずにはおけない、渾身の最新作!!

続きを読む
  • 血の轍 全 8 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    血の轍 全 8 巻

    4,895円(税込)
    48pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2020/07/08Posted by ブクログ

    綺麗なお母さんは好きですか?自分は好きです(笑)。自分は雑誌でも単行本でもこの作品を読んでいますが、普段は美しくて明るい世の理想的な母親なのですが、ふとしたきっかけで突然変異する母親の二面性に毎回引き...

    続きを読む
  • 2020/07/08Posted by ブクログ

    狂気の母親が義理の姉さんの子供を崖から突き落とすシーンが何とも狂ってる。
    精神疾患なのか?
    それとも、息子に対する異常愛なのか。息子に絡む奴らは次々に排除していくパターンとみた。
    展開が楽しみなので、...

    続きを読む
  • 2020/07/08Posted by ブクログ

    父一郎、母静子、息子静一。。。一見平和そうな仲のよい家族。しかし何かヘンだ。特に母静子の息子への過剰なほどの愛。美しい母静子はとんでもない事件を起こしてしまう。それも息子の前で。これからの展開が気にな...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A001782352","price":"660"}]

セーフモード