【最新刊】血の轍 7巻

血の轍

7冊

押見修造

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

目を覚ました甥のしげる、その時ママは!? ママに崖から突き落とされた甥のしげるが遂に目を覚ました―― しかし記憶障害により、事故の記憶どころかママや静一のことすら覚えていなかった。そんなしげるの姿に安堵するどころか、ママの精神は一気に荒み始める――!?

続きを読む
ページ数
228ページ
提供開始日
2019/12/26
連載誌/レーベル
ビッグコミックスペリオール
出版社
小学館
ジャンル
青年マンガ
  • 血の轍 全 7 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    血の轍 全 7 巻

    4,290円(税込)
    42pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.6
24
5
2
4
12
3
10
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2020/01/25Posted by ブクログ

    展開の遅さについて思わないところもなくはなかったが、6巻を読んで、ああこれはこういう作りなんだ、と。
    木尾士目「五年生」を思い出すくらい、一晩を一巻かけて。
    怖くなってきた。怖い。愛と思いきや、確かに...

    続きを読む
  • 2020/01/02Posted by ブクログ

    1巻から読みました。
    おそろしい。
    母親の根底にあるドロドロしたもの、それは母性が形を変えたものかもしれない。

  • 2019/12/30Posted by ブクログ

    毒親の恐ろしい支配力。
    抵抗虚しく、簡単に洗脳、従属してしまう静ちゃん…。
    ホラーだなぁ。
    顔芸がだんだん伊藤潤二化してきたよ。

開く

セーフモード