恋する寄生虫

著者:三秋縋

680円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    「ねえ、高坂さんは、こんな風に考えたことはない? 自分はこのまま、誰と愛し合うこともなく死んでいくんじゃないか。自分が死んだとき、涙を流してくれる人間は一人もいないんじゃないか」 失業中の青年・高坂賢吾と不登校の少女・佐薙ひじり。一見何もかもが噛み合わない二人は、社会復帰に向けてリハビリを共に行う中で惹かれ合い、やがて恋に落ちる。しかし、幸福な日々はそう長くは続かなかった。彼らは知らずにいた。二人の恋が、〈虫〉によってもたらされた「操り人形の恋」に過ぎないことを――。

    続きを読む

    レビュー

    4
    37
    5
    11
    4
    17
    3
    8
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/16Posted by ブクログ

      ちょっと気持ち悪くなっちゃった....
      寄生虫に引かれ合わされるなんて嫌だっ
      最後まで虫に操られているようで素直に読めなかったなぁ~
      寄生虫っていうのが耐えられないいぃ

    • 2019/06/01Posted by ブクログ

      現実的には信じられないような話。だけど、私たちにも共通する部分が少なからずあり、共感できる。

      予想を裏切るような展開のオンパレードで、読んでいて飽きなかった。

      話の時間軸が前後したり交錯する表現が...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/03/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード