【最新刊】Genesis 一万年の午後

創元日本SFアンソロジー

1冊

著:久永実木彦、高山羽根子、宮内悠介、加藤直之、秋永真琴、松崎有理、吉田隆一、倉田タカシ、宮澤伊織、堀晃

1,629円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    創刊号はベテラン堀晃を筆頭に、松崎有理、宮内悠介、高山羽根子、倉田タカシなど現在の日本SF界を牽引する俊英のほか、次世代を担う新鋭・久永実木彦、ライトノベル界で活躍する秋永真琴・宮澤伊織の新作短編を収録。日本SFの新たな潮流を創るオリジナル・アンソロジー誕生。【収録作】久永実木彦「一万年の午後」/高山羽根子「ビースト・ストランディング」/宮内悠介「ホテル・アースポート」/加藤直之 エッセイ「SFと絵」/秋永真琴「ブラッド・ナイト・ノワール」/松崎有理「イヴの末裔たちの明日」/吉田隆一 エッセイ「SFと音楽」/倉田タカシ「生首」/宮澤伊織「草原のサンタ・ムエルテ」/堀晃「10月2日を過ぎても」

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/20
    出版社
    東京創元社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.6
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/17Posted by ブクログ

      SF。短編集。エッセイもあり。
      これは良い企画。5年、10年と続いてほしい。

      久永実木彦「一万年の午後」
      人類絶滅後のロボットたち。綺麗な文章が印象的。

      高山羽根子「ビースト・ストランディング」
      ...

      続きを読む
    • 2019/04/27Posted by ブクログ

      魅力あふれる6つの異世界。没入した頃に物語が終わるので現実世界に取り残された気持ちになる。
      年1,2回ペースで続刊予定ということで楽しみ。

    • 2019/02/16Posted by ブクログ

      新しいSFのアンソロジーシリーズ
      堀晃が読める!ってのを期待しちゃった分だけ、日記の様な小品にガッカリ…

    開く

    セーフモード