りゅうおうのおしごと!11

白鳥士郎/しらび

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「私を殺して……」奨励会三段リーグで三連敗を喫し心が折れた銀子は、八一に懇願する。「俺が連れて行ってあげますよ。絶対に死ねる場所へ」こうして二人は将棋から逃げた。それは同時に、なぜ将棋を指すのか問い直す旅でもあり――なぜ、八一は銀子を『姉弟子』と呼ぶようになったのか?なぜ、銀子は女流タイトルを求めたのか?八一と銀子の出会いと修業時代の日々、そして《浪速の白雪姫》に隠された最大の秘密が遂に明かされる告白の第11巻!将棋の神が定めし残酷な運命は、誰に微笑むのか?※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

    続きを読む
    • 「りゅうおうのおしごと!」シリーズ 全 12 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      「りゅうおうのおしごと!」シリーズ 全 12 巻

      7,920円(税込)
      79pt獲得

    レビュー

    5
    3
    5
    3
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/26Posted by ブクログ

      これを最終巻としてもよいような伏線回収ぶり。棋戦の描写は相変わらず熱く、ここぞという場面の文章の冴えも素晴らしい。

    • 2019/09/21Posted by ブクログ

      三段リーグで連敗し心が折れ、自殺願望を口にする銀子
      それならば絶対に死ねる場所に連れていくという八一

      そんな感じで始まる八一と銀子のふたり旅は、東尋坊へと至る
      道中、過去を振り返り、自分を見つめ直し...

      続きを読む
    • 2019/08/16Posted by ブクログ

      どこかで語られなきゃいけないシーンで、血の味がするような強い文章力で一気に読ませられた。
      182ページの桂香さんのモノローグで鳥肌が立ったし、318ページからの流れで世界から音が消える。「着いたよ。八...

      続きを読む
    開く

    セーフモード