萬葉集釋注三<巻第五><巻第六>

伊藤博

8,208円(税込)
1%獲得

82pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    【FIX型電子書籍・永久保存版】古歌巻(巻一・二)、古今歌巻(巻三・四)に対して奈良朝の今歌巻である巻五と巻六とを収録。大伴旅人・山上憶良を中心とする筑紫歌壇の様相を伝える巻五には漢文作品との融合という新手法が出現し、異色作に富む。巻六は聖武天皇即位以来の行幸歌・宴歌を中心とする公的な宮廷歌集であり、奈良朝時代の歌人総出演の感がある。巻一~六は「小万葉」とも称される万葉集の原核。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード