萬葉集釋注十<巻第十九><巻第二十>

伊藤博

11,110円(税込)
1%獲得

111pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    【FIX型電子書籍・永久保存版】第二部の後半巻十九(158首)、巻二十(225首)を収録。妻大伴坂上大嬢を越中に迎えた天平勝宝2年から、帰京後の同5年春までの巻十九は、歌人家持が自身をもって編み上げた一巻であった。とくに巻末の春愁の歌は著名。巻二十は、政情定まりない奈良時代末期を生きた官人家持の憂愁に彩られた歌巻。兵部少輔時に採録した防人歌を含む。天平宝字3年春の因幡国守家持の賀歌をもって『万葉集』二十巻は幕を閉じる。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード