萬葉集釋注九<巻第十七><巻第十八>

伊藤博

8,208円(税込)
1%獲得

82pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

【FIX型電子書籍・永久保存版】大伴家持の歌日誌を基に構成される末四巻のうち、巻十七と巻十八とを収録。『万葉集』第二部の開幕である。天平18年秋、勇躍越中に赴いた家持は、歌友大伴池主たちと、旅人・憶良の筑紫歌壇を彷彿とさせる文学的世界を築き上げた。巻十七は第一部にもれた天平2年の歌から同20年春の歌まで、巻十八は引き続き天平勝宝2年春の歌までを収め、巻五同様、漢文作品にも富む。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード