真説・信長十二人衆 蜂須賀小六編

八切止夫

102円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

    永禄元年織田信長25歳の時から、天正10年本能寺で爆死するまでを、その家臣団の側から12章にわたって書かれた小説の中の蜂須賀小六編を編を抜粋。美濃国の斎藤道三に仕えれば、道三が討死。尾張国の岩倉城主・織田信賢に奉公すれば、織田信長に落城される。信長の従妹であり、犬山城城主の織田信清に仕えれば織田信長にまたしても落城といったように・・・蜂須賀小六が秀吉に仕える以前の話から解説している。※impressQuickBooksシリーズは出版社のインプレスが、「スマホで読むための電子書籍」として企画しています。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード