真説・信長十二人衆 前田犬千代(前田利家)編

八切止夫

102円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

    永禄元年織田信長25歳の時から、天正10年本能寺で爆死するまでを、その家臣団の側から12章にわたって書かれた小説の中の前田犬千代(前田利家)編を抜粋。加賀藩主前田氏の祖。豊臣政権の五大老の一人。主に今川義元を討った桶狭間の戦いの時代を描いている。本編では前田犬千代は無類の女好きとして登場している。※impressQuickBooksシリーズは出版社のインプレスが、「スマホで読むための電子書籍」として企画しています。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード