真説・信長十二人衆 明智光秀編

八切止夫

102円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

    永禄元年織田信長25歳の時から、天正10年本能寺で爆死するまでを、その家臣団の側から12章にわたって書かれた小説の中の明智光秀編を抜粋。明智光秀と妻のまた「しら」の視点で物語がはじまる。なお明智光秀のスポンサーは、従兄妹にあたる信長の正妻奇蝶であったという、興味深い点も紹介されている。※impressQuickBooksシリーズは出版社のインプレスが、「スマホで読むための電子書籍」として企画しています。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード