半熟作家と“文学少女”な編集者

著者:野村美月 イラスト:竹岡美穂

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    新しい担当編集の天野遠子嬢は、清楚な美人だった。――が、いきなり本棚の前でグルメ批評を始めるわ、ほんわか笑顔で容赦なく原稿修正を指示してくるわ、売れっ子高校生作家たるオレが、どうしてこうも振り回される!?そんな時届いた脅迫状じみたファンレター。そこにはまだ刊行される前の小説の内容が書かれて……って差出人は、まさか!?半熟作家・雀宮快斗とその担当編集者遠子が織りなす、物語や文学を食べちゃうくらい愛する“文学少女”の、最後の物語。

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    55
    5
    26
    4
    17
    3
    10
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/16Posted by ブクログ

       ――またおいで。それで、本の話をしよう。


      編集者になった遠子先輩が、売れっ子高校生ライトノベル作家の担当として活躍(?)する、という、どう考えても蛇足なシリーズ最終巻。主人公は作家の少年です。
      ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/01/22Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2016/02/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード