【最新刊】半熟作家と“文学少女”な編集者

文学少女

著者:野村美月 イラスト:竹岡美穂

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新しい担当編集の天野遠子嬢は、清楚な美人だった。――が、いきなり本棚の前でグルメ批評を始めるわ、ほんわか笑顔で容赦なく原稿修正を指示してくるわ、売れっ子高校生作家たるオレが、どうしてこうも振り回される!?そんな時届いた脅迫状じみたファンレター。そこにはまだ刊行される前の小説の内容が書かれて……って差出人は、まさか!?半熟作家・雀宮快斗とその担当編集者遠子が織りなす、物語や文学を食べちゃうくらい愛する“文学少女”の、最後の物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/09/24
    連載誌/レーベル
    ファミ通文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル
    • 文学少女 全 9 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      文学少女 全 9 巻

      5,940円(税込)
      59pt獲得

    レビュー

    • 9巻2011/05/11Posted by ブクログ

      文学少女""シリーズ完結。終わりというのがいまだに信じられない。

      外伝の見習いシリーズが心葉君アフターだったのに対し、同じ外伝でも遠子さんアフターといったところか。
      今回は新キャラの高校生作家視点で...

      続きを読む
    • 6巻2008/05/11Posted by ブクログ

       今回は泉鏡花の「夜叉の池」がモチーフでした。泉鏡花は「高野聖;眉かくしの霊」を買ったまま、何年も積ん読状態にしています。タイトルにウンディーネとあったので、フーケーのウンディーネも絡むだろうと思って...

      続きを読む
    • 9巻2011/05/09Posted by ブクログ

      文学少女シリーズ最終巻。
      「半熟作家と”文学少女”な編集者」
      編集者・天野遠子と、高校生作家・雀宮快斗の物語。雀宮快斗のもとに脅迫状じみたファンレターが届く。その手紙の中には刊行前の小説の内容も書かれ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード