ラヴクラフト全集 (1)

著:H・P・ラヴクラフト 訳:大西尹明

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    20世紀アメリカが生んだ鬼才、幻想と怪奇の作家、ラヴクラフト。彼の想像力の産物であり彼自ら病的なまでに憑かれていたクトゥルフ神話が怪しく息づく代表作「インスマウスの影」と「闇に囁くもの」。デラポーア家に伝わるおぞましい血の秘密が戦慄を呼ぶ「壁のなかの鼠」、ブラックユーモア風の異色作「死体安置所にて」の全4編を収録。深遠な大宇宙の魔神の呼び声が、読者を太古の昔から永劫の未来につづく暗黒世界のとりこにすることはまちがいない。

    続きを読む
    • ラヴクラフト全集 全 7 巻

      未購入巻をまとめて購入

      ラヴクラフト全集 全 7 巻

      4,101円(税込)
      41pt獲得

    レビュー

    3.9
    83
    5
    22
    4
    38
    3
    22
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/11Posted by ブクログ

      クトゥルーつながりで本家に立ち返る。
      独特な言葉運びで執拗に描かれる不気味さ。やっぱりラヴクラフトは偏執的で不気味で面白い。「インスマウスの影」が最高です。また、夢にでてきそう。

    • ネタバレ
      2019/04/15Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/01/11Posted by ブクログ

      言わずと知れたホラーな味付けオカルトファンタジーの古典
      マンガでいうと諸星大二郎
      想像力がないというよりそれを喚起させる描写に対する好みの問題だが
      ホラーは苦手なので
      この作品も何が面白いのかさっぱり...

      続きを読む
    開く

    セーフモード