沈黙の艦隊 12巻

沈黙の艦隊 12巻

深町艦長操艦「たつなみ」の捨て身の援護を受け、東京湾の危機を脱出した「やまと」は北極海へ向かった。一方、日本では、「やまと」との同盟を独断した竹上総理の責任を焦点に、臨時国会が召集される。その壇上、竹上総理は「やまと」支持を掲げる新党の結成を表明。国会を解散し、国民の意思を問う総選挙へと踏み切った。竹上発言の是非をめぐり、党派入り乱れての激論は続いた。

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】228円(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/05/31 23:59 まで有効

同シリーズ

開く