ebook japan

【第2弾】花とゆめ・LaLa・メロディ 人気作家特集(1985年~1986年編)

多くの名作を生み出してきた白泉社の少女まんが雑誌、「花とゆめ」「LaLa」「メロディ」。
誌面を彩った人気作家とその代表作を、年代別にご紹介いたします。
当時の時代背景と照らし合わせながら、懐かしの作品群をどうぞお楽しみください。

第2弾1987-1988年

国鉄民営化でJRグループが発足した年。
週休二日制の会社が増えたことから「花金」が流行語になった年でもありました。

日渡早紀

日渡早紀

神奈川県生まれ。1982年「花とゆめ」掲載の『魔法使いは知っている』でデビュー。代表作の『ぼくの地球を守って』は前世ブームを巻き起こすなど大ヒットし、現在はぼく地球3rdステージ『ぼくは地球と歌う』を連載中。

樹なつみ

樹なつみ

兵庫県生まれ。1979年「LaLa」掲載の『めぐみちゃんに捧げるコメディ』でデビュー。『OZ』は1993年に第24回星雲賞を、『八雲立つ』は1997年に第21回講談社漫画賞を受賞。

山内直実

山内直実

東京都生まれ。1981年「花とゆめ」掲載の『ぐーたら会長にサヨナラ』でデビュー。小説原作の『なんて素敵にジャパネスク』はTVドラマ化もされた。現在は「別冊花とゆめ」にて『おちくぼ』を連載中。

佐々木倫子

佐々木倫子

北海道生まれ。1980年「花とゆめ夏の増刊号」掲載の『エプロン・コンプレックス』でデビュー。『動物のお医者さん』はTVドラマ化された代表作の一つ。

こちらもオススメ