ebook japan

1000

【期間】2018年10月1日(月)~10月14日(日)

10月01日はメガネの日!
元メガネ屋書店員プレゼンツ 最強のメガネBL特集

BL男爵

メガネBLについて
メガネへの愛が高じて某眼鏡店で働いた書店員 きくえもん と申します。
そもそもメガネは視力矯正のための医療器具であると同時に、素晴らしい萌え倍増アイテムでもあります!
そう、メガネの“あるなし”で1人のキャラクターを2倍美味しくできる魔法のエッセンスなのです !!
元メガネ屋のプライドにかけて、注目して頂きたいポイントや深読みを交えながら、お勧めのメガネBL作品をご紹介いたします!

アイコンの説明

  • DXX
  • DXX
  • DXX
  • DXX

真面目メガネ

純粋で誠実なあなたから目を逸らせない…♥

同級生シリーズ
『同級生シリーズ』コマ

言わずと知れた超人気シリーズ !!

<書店員コメント>大人気『同級生シリーズ』に登場する佐条利人は、メガネ&黒髪&学生服という最強の組み合わせを体現した至高の存在でもあります。
愛用しているメガネは、メタルのフルリム(=枠でレンズ自体を覆っている壊れにくいデザインの事)で見た目のファッション性よりも、耐久性に特化した長く使えるデザインです。
「メガネの度が合ってなくて黒板の音譜が見えない」 という台詞から、度数が合わないメガネをずっと使い続けており、草壁から貰ったライターや離れている間のために交換したマフラーをとても大切にしている様子から、愛着があるものに対して物持ちが良く、非常に愛情深いことが分かります。
この堅固なメガネのように、草壁としっかりとした固い絆を結び、幸せになる未来しか見えません・・・

表紙『同級生シリーズ』 - 漫画
メガネ受け
1巻ポイント50倍
全巻セットポイント30倍
地下鉄の犬
『地下鉄の犬』コマ

眼鏡×眼鏡の最強CP!

<書店員コメント>サラリーマンで離婚直後の篠田は、メガネを外し夜道をふらふらと歩いていたところ、偶然骨董屋の朝倉と出会う。遠視の篠田がわざとメガネを外していたのは、危機回避に集中すれば考え事をしなくて済むというもので…
遠視というのは、遠くも近くもピントが合う反面、眼精疲労を起こしやすいため(特に夜間 ←※程度や年齢によります)これは、かなり自虐的な行為といえるでしょう。
ちなみに篠田のかけているアンダーリムのセルフレームはレンズが割れやすいため遠視のレンズと相性のいいデザインではありません。 …とても慎重で丁寧な扱いが必要です。大切なものを大事にすることが下手、と自らを卑下する篠田ですが、実際は――?
愛情深い朝倉の元で、愛おしくなるくらい不器用な篠田が幸せになる様をじっくりとご覧下さい。

放課後の不純【単行本版(電子限定描き下ろし付)】
『放課後の不純【単行本版(電子限定描き下ろし付)】』コマ

青春の1ページを綴る、恋

<書店員コメント>地味で目立たない水谷と、体育会系の沢木、タイプの異なる二人はただのクラスメート。
人の影が消えた放課後の教室で、沢木は以前から気になる存在だと水谷に告げ、不意打ちに唇を奪う! 唐突なキスに驚き、シンデレラのガラスの靴のごとくメガネを落として立ち去る水谷…そう、物語はメガネにより始まります(ちょっと嘘)
水谷がスペアのメガネを持っていたため、沢木の密かな企みは打ち砕かれるも、徐々に距離を縮め始める二人。 青春まっさかりの彼らは、気持ちを確かめ合うよりもフィジカルな面が先んじていきますが、少しずつ心を通わせて…
高校生にして予備のメガネを所持している事から、用心深く警戒心の強い水谷が、沢木に心を許していく様は、一種の感動すら覚えます !!
若い二人が恋を通してお互いに成長していく様子がまた…たまりません。

雪解けの恋【特典付き】
『雪解けの恋【特典付き】』コマ

春よ、こい―― 生徒×教師の春待ちラブ

<書店員コメント>季節はずれの雪が降った日、高校生の澄人は偶然に現国の教師・染谷を目撃する。雪にまぎれるように静かに涙を流す姿に心をざわつかせた澄人は、クールにみえたその現国教師に興味を引かれ始める。
厳格な家庭で育ち、辛い過去の恋や普通でないことへの劣等感に苛まれ抜け出せずにいる染谷は、男同士であることに加え、生徒と教師の間柄の澄人の気持ちに応えることはどうしても出来ない…。
控えめで常に少し俯いている染谷のかけているメガネは、大きく黒いセルフレームです。 染谷のイメージと少し異なるメガネ…これは、己の表情を隠すためにわざと選んだものではないでしょうか?
知られたくない性癖や実はとても繊細で傷つきやすい自分を(赤面してしまう癖を)周囲から見えなくするための、いわばシールドのように…
若者らしく素直に気持ちをぶつける澄人が、固い染谷の心のシールドを超え、春を迎えることが出来るのか!? 必見です!

君へおとどけ【SS付き電子限定版】
『君へおとどけ【SS付き電子限定版】』コマ

思いを届ける配達ラブコメ!

<書店員コメント>完全インドア派の深谷は、イケメン配達員の二十八(つちや)に憧れを抱く。しかし劣等感が強く、考え過ぎるタイプの深谷は、自分の気持ちでさえも遠慮がち…。
ネトゲ廃人で若干のコミュ障とくれば、なかなかアクションを起こせないかと思いきや、このメガネの深谷くんは二十八を好きになる資格がほしいと、自ら変わる決心をする!
この純粋さ、真っすぐさが非常によく現れているシーンが、近視の度数が強そうな深谷が二十八にメガネを外されて視界がおぼつかない中でキスされる場面!
…度数の強い人間はメガネを人に取られたり、外されたりするのは恐怖でしかありません。(見えないのは本当に怖い !!)
不安になるはずの状況でも無防備にしている姿に、二十八を相当信頼しているのが分かります…
無意識的に心の底から自分を信じてくれる、そんな姿見せられたら、好きにならざるをえないですよね♥

とまとまと(合本版) 【ebookjapan限定特典付き】
『とまとまと(合本版) 【ebookjapan限定特典付き】』コマ

太陽みたいな包容力のコワモテ広島弁攻に萌♥

<書店員コメント>片方が片方の救いになる、怯えた心を再び陽の光の中に連れ出してくれるような、救済カプっていいですよね…!!! 『とまとまと』はまさにそんな救済系カプの物語です。 東京で男に捨てられ、傷心のまま逃げ出すように田舎に赴任した温厚メガネ教師の真人(まさと・通称まと先生)。
田舎で人生をやり直そうとした矢先、自分を捨てた男に似たトマト農家・土間さんと出会い、はじめはおびえていたまと先生ですが、見た目とは裏腹な土間さんのまっすぐなやさしさに、傷つくことを恐れながらも惹かれてしまうのです……!
ご紹介中のコマでまと先生は久しぶりに傷ついた涙ではなく、癒されて思わず出てきた涙を流してしまうのですが、それを受け止めてくれるのが土間さんなのです…!まと先生を捨てたはずの男の再来や、ノンケであるはずの土間さんへ抱いてしまう思いに対する罪悪感、まと先生の揺れる思いと、土間さんの太陽みたいな包容力に悶えて、二人の結末をぜひ追ってみてください☆

ギャップメガネ

メガネの奥に潜む真実の姿にもうメロメロ…♥

1円の男
『1円の男』コマ

探偵×依頼主のギャップにくらくらラブ!

<書店員コメント>「セックスフレンドを探してほしい」 探偵業を営む三条のもとに訪れた、メガネの無愛想な男・政木。つっけんどんな態度からは想像できない依頼内容に興味を引かれる三条。
依頼の解決と同時に、ただただ高圧的にみえた政木の意外な一面に触れ、二人の関係に変化が… エリートで威圧的な政木が時折見せる弱さや甘えといったギャップに、三条じゃなくてもグラッときます !!
そんな政木のメガネはシンプルなオーバル型のメタルフレーム、外しても特に問題のなさそうなところから、度数はそこまで強くないと思われます。 ちなみに軽い近視のある方は、見えづらいこともあり、無意識にじっと見つめる癖が…それがちょっと誘われているように感じるそうですよ♥
…THEギャップメガネ男子の政木に皆様、ぜひ誘惑されて下さい!!

蔑んで下さい、泉川さん
『蔑んで下さい、泉川さん』コマ

妄想が止まらない!? 誤解は恋を生むのです!

<書店員コメント>売れないお笑い芸人「ボブスレー」のツッコミ・阿久津は蔑まれると興奮する変わった性癖を持っている。近頃は清掃バイト先の大企業で働く、エリートサラリーマン泉川さんのメガネ越しの鋭い目つきに興奮が隠せない…
そんな泉川さんのメガネはフレームの両端(智といいます)が尖っているメタルナイロール。 仕事向きのかなりフォーマルなデザインですが、実はこのメガネこそが泉川さんのイメージを鋭いものに強く印象づけている要因なのです!
そう、クールでSに見えた無表情の泉川さん・・・・中身、すっごいフツー !! 穏やかで優しくて、むしろメガネがないと幼くみえて、とにかくかわいい…
つまりこの二人の仲を取り持ったのは――まぎれもなくこのメガネということです…!(断言)

愛なんて食えるかよ
『愛なんて食えるかよ』コマ

“愛”を思う存分、召し上がれ

<書店員コメント>3組の素敵なCPが登場する本書ですが、“眼鏡受、かくあるべし!”とキャッチのついた、スクールカウンセラーの三橋と音楽教師の木下の二人についてここでは熱く語りたいと思います。
柔らかいラウンド型のメタルフレームをかけた、穏やかな物言いの温和な音楽教師・木下は 周囲のイメージとは大きくかけ離れ、腹真っっっ黒な男…! 笑顔で人を挑発し、あげく寝込みを襲うような傍若無人な木下ですが、実はすべて昔の恋の痛手によるもの…
優しげにみえて腹黒――しかし、さらにその奥にある木下の柔らかな部分に、反発しつつも近い痛みを経験する三橋は心を重ねていく。
メガネはギャップを演出するに最適なアイテムだと思いますが、木下はなんと三重の差(ギャップ)を持つキャラです!
しかしながら、自分自身に幾重にも隔たりを作るために、メガネをかけたり、丁寧すぎる敬語を使ったり、 無意味な体だけの遊びに耽っていたとしたら…切ない。力の限り幸せになってほしい…いや、なれ !!

俺とおまえが不埒な理由
『俺とおまえが不埒な理由』コマ

昨日の敵は今日の恋人 !?

<書店員コメント>飲料業界で働く狩野の目下の敵は、いつもエラそうな同期の脇田!しかし仕事の憂さを晴らすべく、ライブの帰りに寄ったカラオケで偶然鉢合わせる二人。
普段のつっけんどんな態度からは想像できない素晴らしい歌声と、酔っ払った脇田の余りのかわいさにノックアウトされる狩野 !!
そんなギャップがかわいい脇田、メガネはシンプルなオーバル型のメタルフレームで、度数はかなり強めのようです。 気持ちを確認し二人で入ったホテルの部屋、メガネを真っ白に曇らせてバスルームから出てくる脇田。(壁に激突!) 緊張のあまりわざと見えなくしてくるなんて・・・・・・・・・・・うう、かわい過ぎる!
ちなみにレンズは気温差(&湿度)によって曇ります、バスルームで脇田が一人、長々悶々としていたのではないかと深読みすると…さらに萌え !!

恋はかけ違い【電子限定おまけ付】
『恋はかけ違い【電子限定おまけ付】』コマ

ツンデレデレデレデレLOVE!

<書店員コメント>ゲイの藤田は掲示板でやりとりしていた“アキ”さんと初めてのご対面!のはずが、そこに来たのは――
同じ職場でちょっと女性陣に嫌われている、メガネの秋元さん。無愛想で何を考えているのか分からない秋元さんと、計らずも大人の関係になったものの… 体だけの関係よりも、長くじっくり付き合いたい真面目で慎重派ゲイである藤田は、何故かひたすら体だけを求めてくる秋元さんに逆らえない…。 パリっとスーツにスクエア型のメタルフレームをクールにかけこなしている秋元さんは、THE仕事のできる男の見本のよう! そんな秋元さんだから、ベッドで乱れる姿とのギャップがすごい!
そして、蓋を開けてみると天然で絶望的なコミュニケーション能力の持ち主で…色々とズレまくり、誤解されまくりの、はちゃめちゃにカワイイ人でした! ――恥ずかしがりやかと思いきや、唐突に大胆になったりして…え!メガネしたまま!? あ、秋元さん……

ドSメガネ

レンズの奥から私を射抜く、鋭い眼光に目が釘付け…♡

鬼畜眼鏡
『鬼畜眼鏡』コマ

BLゲーム「鬼畜眼鏡」のコミカライズ !!

<書店員コメント>眼鏡着脱変身アドベンチャーゲーム「鬼畜眼鏡」のメガネVer克哉はそのタイトル通りドSを体言した男です。
縛るわ、切るわ、ムチで打つわ、大人のおもちゃを強要するわとやりたい放題・・・! しかし彼の美学によると、プライドの高い人間を壊すことに意味があるようで、なおかつ執着はれっきとした好意の証のようです。(ちょっと迷惑)
そんな克哉がかけているのは、人格が変わる特殊なメガネ(…これどこに売っているんだろう、欲しい) デザインはメタルのナイロール(フレームの下半分をナイロン糸で吊っているもの)です。
こちらはお顔をシャープにみせる効果のあるデザインなのですが、克哉の場合、鋭いイメージがさらにシャープになり、もはや天下無敵 !?

先生なんて嫌いです。 【電子限定おまけマンガ付】
『先生なんて嫌いです。 【電子限定おまけマンガ付】』コマ

Sメガネ+シャツ+ベストの破壊力!

<書店員コメント>女子に人気の社会科教師・志津に告白の邪魔をされ、あげくに失恋した生田は思わず志津の前で男泣きしてしまう。情けない姿をみられたのも相まって志津に反発する生田だったが、大人の余裕とからかいに、意識せずにはいられなくなり…
そんな常に余裕綽々の志津先生、シャツにベスト姿が大変素敵ですが、メガネも格好いい…! こちらただのメタルフレームじゃありません!鼻筋にメガネのブリッジ(左右のレンズをつなぐ部位)を載せる一山と呼ばれるデザインです !! 鼻パッドではなく鼻筋でもってレンズを支えるので、鼻が高くないとかけられない…という、非常にかける人間を選ぶフレーム。(彫りの深い欧米人向けのフレームには多いデザインです)
それを難なくかけこなしている志津…なかなか素直になれない生田も、志津先生のSッ気あふれるアプローチとその高い鼻梁にもうメロメロですね!

王子の箱庭
『王子の箱庭』コマ

私の全ては、あなたのために――

<書店員コメント>幼い頃世話係として身の回りの世話をしてくれた岩瀬の元を、窃盗目的で訪れる譲。かつての己の屋敷に住む岩瀬と逆に囚われてしまった譲、遠い記憶のあの頃を取り戻すような、二人だけの執事ごっこが始まる――
譲の世話をしていた8年前はメガネをしていなかった岩瀬ですが、現在はシンプルなメタルフレームのメガネをかけています。
ここで注目して頂きたいのが、8年前はメガネをしていなかったという点です。
譲の父親の会社が倒産し、一家離散した後、その屋敷を買い取ったのが今や青年実業家の岩瀬ですが、 目が悪くなる程の猛烈な努力でもって、今の地位に上り詰めたのではないでしょうか!? (ある程度の年齢から視力が変わるのは遺伝ではなく環境的な要因が大きいと言われております)
そう、全ては譲のために…8年越しの岩瀬の想い(たまに愛が深すぎて暴走)に、胸が熱くなりました…

ひとつ屋根の下のケダモノ
『ひとつ屋根の下のケダモノ』コマ

アメとムチの、正しい使用方法

<書店員コメント>いとこで双子の深町慎(兄・メガネ)&仁(弟)と共に育った一人っ子の大吾は、新生活と仁の一人暮らしをきっかけに、深町家で暮らすことになる。同じ顔、同じ声でも、ちょっかい魔の慎と違い、大人な仁に片思い中の大吾だが、一つ屋根の下で繰りだされる慎のいじわるスキンシップに心を乱されて…。 双子の兄で大吾いじりが趣味の慎、メガネを外すと仁と見分けがつかないため、仁のふりをしてちょっかいかけたりと、なかなかの策士…
大吾にメガネを外した自分を仁だと思って練習台にするように提案し、メガネを外したまま見えないふりで距離を縮め大吾の唇を奪う! 極めつけは大吾の不注意で慎のメガネを壊してしまった際に、メガネがなくて不便だと見返りを要求 !! (本当はメガネいっぱい持ってる!) などなどメガネを駆使した作戦で大吾の調教…見事に成功!? いやいや愛があればこそですよ…(良い子は真似しちゃ駄目!)ちなみに最後にお風呂でしっぺ返しもありますw

あかないとびら
『あかないとびら』コマ

天然フェロモンに要注意 !?

<書店員コメント>大学の後輩が、俺のことを好きらしい…再会したその間抜け野郎は、とんでもない天然フェロモン男になっていた――
垢抜けない外見と、イラつくおどおどした態度、なのに…なんでそんなに男に襲われるんだよ !? ――と、イライラが止まらない冷徹メガネこと薄井に、ぞっこんラブの升岡の再会愛を描くこちらの作品。
升岡にキレッぱなしの薄井のメガネは、スクエア型の厚みのないセルフレームで、そこから覗く眼差しは常に冷ややか…。 メガネをかけ外しする描写から、さほど度数は強くなさそうです。
ベッドシーンで、メガネを外した薄井がちょっとしかめっ面する所がなんともリアル… (このような弱度数の方は目を細めると意外と見えるので癖になっていたりします!)
終始Sが止まらない薄井に、ドMな升岡とドSメガネ好き女子には堪らない展開が続きます!もう、ぞくぞくしますよ !!

ヘタレメガネ

ダメなあなたに、目がないの…♡

嵐のあと
『嵐のあと』コマ

メガネ好き必見 !! メガネの造形にホレボレ…

<書店員コメント>外面はいいものの、冷めた思考を持つ榊。目ざとい観察眼で相手を値踏みする様はちょと…な感じですが、さすが!こだわり派の榊はメガネを複数所持 !! 気分やシチュエーションによってメガネをかけ替えております。
注目ポイントは、榊のメガネのデザインの描かれ方、とっっても細かいところ! コンビネーションフレームにダブルブリッジに、セルとみせかけたシートメタル!? お、お洒落・・・
そんな洒脱でスマートな彼ですが、意外にもハプニングに弱く、動揺がすぐ顔に…ま、まさにヘタレ! できる男も素敵ですが、ちょっと抜けてる男性の方が可愛いですよね・・・ヘタレ好きにもメガネ好きにも美味しすぎる作品です !!

KOH-BOKU
『KOH-BOKU』コマ

絶対に、離れません… !?

<書店員コメント>我々は公僕である――経済産業省で働く今宮とその部下、柏木の仕事漬けBL! 東大出の超有能でイケメンの柏木は、今宮のスケジュール管理に飽き足らず、顔色、爪の色、咳の回数にも目を光らせ、食事もとい口に入るもの全てをチェックします! そんな最強のおかん系スーパーダーリン柏木(番犬ともいう)にも欠点が…激務により今宮が入院してしまい、帰り道のタクシーで今宮を想い、人目もはばからず大号泣 !!
今宮のことになると我を失う柏木、細身のスーツを着こなし、顔には眼鏡チェーン付きのメガネをかけたグラスコード男子です。 グラスコードはメガネのかけ外しが多い方や、メガネの落下防止に最適ですが、年齢の若い今宮には…?と疑問だったのですが、 以前はもっさりしていた柏木(グラスコードもなし)、今宮がメンターについた後、今のスタイルに落ち着いたようです! きっと何から何まで今宮の言うとおりにしたのでしょうね…メガネも選んでもらったに違いありません…
何が何でもメガネを落としてなるものか!という柏木の執念を感じました。。。。(勝手に)

あのこはソレを我慢できない
『あのこはソレを我慢できない』コマ

メガネのかけ外しギャップにときめき…

<書店員コメント>友人兼同居人でゲイであるアキの濡れ場に遭遇したポジティブヤリチンの松田。初めて見る男同士の激しいそれと、見たことのない顔で相手を貪るアキに俄然興味をそそられた松田は、無邪気にセックスに誘う。
実のところ長年松田に片思いをしてきたアキは、身体だけを積極的に求めてくる松田を受け入れられず… この悩み多きアキこそ、松田の誘惑に耐え切れず一方的に告白したものの答えが聞きたくないからと逃げちゃうようなヘタレメガネです!
厚めにカットされたスクエア型のメタルフレーム(お洒落!)をかけたアキ、隙のない外見に似合わず逃げの一手とは…情けない。 ――そんなヘタレ具合がなんともかわいいアキですが、ベッドの中で豹変!(メガネもOFF !!)
メガネというフィルターのない素顔のアキが、じっっと覗き込むような瞳で挑んでくる様は、メガネを外した姿と相まって松田じゃなくともドキッとします♥

花にくちづけ
『花にくちづけ』コマ

覚悟を決めたヘタレメガネは強い!

<書店員コメント>高校卒業直前、突然カミングアウトをして消えてしまった友人のハナ。 三年後、突如再会した友人はもはや別人になっていた…
三年の間に女装を覚えてしまったハナと散々振り回されるメガネのいっくんの再会愛を描く本作。 友人からもダサイと言われるいっくんは、ハナにデート記念でおしゃれなメガネフレームを贈られます。 自分に似合うのか疑問を抱きつつも、レンズ交換に二万円をかけ(なかなかの金額!)贈られたメガネをかけるいっくん。
――恋人や大事な人へのプレゼントの定番は指輪やネックレスだと思うのですが、個人的に最強のプレゼントはメガネだと思っております。 指輪やネックレスは常に身につけられるものの、TPOによっては外したり、服に隠れて視界に入らない時もありますよね。 …そうです、メガネは四六時中ずっっっと視界に入るんです! 真っ先にいっくんにメガネをプレゼントしたハナのいじらしい想いを、このエピソードに感じてしまいました…♥

目を閉じる前に
『目を閉じる前に』コマ

おまけの番外編まで必見!

<書店員コメント>ずっと片思いだと思っていた…家庭教師として来た兄の友人、宗一と体だけの逢瀬を繰り返していた夕太。5年以上も続いた関係に、終止符を打つはずが…全ての元凶は、まさかの勘違い !?
とんだ思い違いのせいで長く捩れた関係を続けてしまった夕太と宗一ですが、このどヘタレメガネこと宗一さんが…天然過ぎる! 夕太が5年間散々思い悩んでいたことにも気付かず、ただただ無為に過ごしてしまうあたり…恐らく大好きな夕太と両想いになって、ずっと浮かれていたのでしょう…
そんなボンクラメガネこと宗一さんのメガネはシンプルで小ぶりなメタルフレーム… この、メガネが顔にちょこんっと載っている感じが、悔しいくらいかわいい…! こ、これが夕太の気持ち!? 悔しいけど何かもう可愛くて何でも許しちゃいそう !?

【限定おまけ付き】 恋人はいません。
『【限定おまけ付き】 恋人はいません。』コマ

ひとめ惚れ、禁止 !?

<書店員コメント>黙っていればイケメン、と評される吉野は見た目で判断されることに我慢ならない。そんな折、取引先の開発部門で働く浅井春(通称ハル)と出会い、妙に懐かれ告白されて…
背は高いがもさっとした印象のハルのメガネはウェリントン型のセルフレームで、近視の度数はやや強め? (旅館のお風呂で、吉野がぐっと顔を近づけるシーンから推測すると視力0.05前後かと)
普段は吉野の一挙一動に反応して、照れて真っ赤になってしまうヘタレなハルですが…やる時はやります!――なんとベッドの中ではメガネかける派 !! 大好きな吉野の全てを見逃さんとばかりに、がっっつり照れなくメガネしたまま吉野を愛します…!そのギャップ、嫌いじゃないぞ !!!

メガネBL最強リンク集はこちら !!

あなたのお眼鏡に適うかな…?

タイトルに“メガネ”BL作品

“学園”メガネBL作品

“リーマン”メガネBL作品

“クール”メガネBL作品

“男前”メガネBL作品

“ピュア”メガネBL作品

“フェロモン”メガネBL作品

“オヤジ”メガネBL作品

“ドラマ”メガネBL作品

“シリーズ”メガネBL作品

  • ご注意事項
  • ※本キャンペーンは予告なく中止、または内容を変更する場合がございます。