中央公論2021年6月号

中央公論2021年6月号

中央公論編集部 編

850円(税込) クーポン利用で425円獲得へ
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 425(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/04/30 23:59 まで有効

獲得

== 特集 ==コロナが変える一極集中東京の憂鬱◆東京は復興したのか挫折の戦後史の果てに▼吉見俊哉◆「京都ぎらい」の東京論 それでも企業人は「城」を捨てられない▼井上章一◆〔ルポ〕静岡、神奈川、群馬、兵庫、北海道──リモートワーク時代の移住者たち▼澤田晃宏◆区長インタビュー豊島区は消滅可能性都市をどうやって脱却したか▼高野之夫 聞き手:清野由美◆〔エッセイ〕移り住んで見えた世界秋田の小さな町から 広がる繋がり、生まれる事業▼丑田香澄◆〔対談〕女性活躍、人材環流、人口20万都市がポイント地方は東京を使い倒せ▼増田寛也×大山晃弘【時評2021】●「台湾」明記だけではない日米首脳会談の重要点▼鈴木一人●「三五人学級」と隠された課題▼飯田泰之●復興庁HPから消えたトリチウムのゆるキャラと「欠如モデル」▼内田麻理香◆ニューヨーク現地レポート コロナ下に頻発する暴力事件「アジア人ヘイト問題」日本人と企業に問われる覚悟▼渡邊裕子== 特集 ==感染対策、ジェンダー問題……艱難辛苦 五輪への道◆東京オリパラ組織委事務総長に迫る開催できるか?苦難の末にある「最後の詰め」▼武藤敏郎 聞き手:岸 宣仁◆岩田健太郎、ウスビ・サコ、畑野君枝、原武史ら14人五輪推進派と反対派、いま言いたいこと▼小林哲夫◆組織委理事インタビュージェンダー平等は取り組むべきテーマ▼來田享子《新連載》●「世界の知性」に聞く【第1回】 エリート層が労働者を見下す「能力主義の圧政」を乗り越えよ▼マイケル・サンデル 聞き手:佐藤智恵◆「クールジャパン」は通用するか?「日本アニメは衰退した」激変する中国人の日本観▼古市雅子◆〔対談〕コロナとメンタル[下]『鬼滅の刃』大ヒットと、高まる「依存症」危機の裏側▼斎藤 環×佐藤 優◆IT革命と国威発揚の夢忘れられた国家事業「インパク」▼岡田正樹◆再ブーム『ルワンダ中央銀行総裁日記』の新しい読まれ方カギは「異世界転生」と「地域再生」▼飯田泰之《好評連載》●炎上するまくら【第54回】「演出」を学ぶ最高の教材▼立川吉笑●地図記号のひみつ【第13回】等高線は読めますか?▼今尾恵介●冒険の断章【第23回】関係偏重の空虚な時代▼角幡唯介《連載小説》●馬上の星──小説 馬援伝【第2回】▼宮城谷昌光●任侠楽団【第4回】▼今野 敏●南洋のエレアル【第4回】▼中路啓太

続きを読む

セーフモード