中央公論2020年9月号

中央公論編集部 編

850円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    戦後75年、日米安保改定60年に当たる2020年は新型コロナウイルスの感染拡大に始まり、アメリカ大統領選挙に向けて激動を続けている。この特集では、ロングセラー『失敗の本質――日本軍の組織論的研究』にならい、歴史と現代を往還しながらコロナ第1波などから教訓を導き出し、新しい時代のリーダー像を探る。※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがございます。【目次】●内向きの対立を超えて地方のトップに委ねるべき小池百合子●国民を巻き込めなかった憲法論議九条改正は急ぐ必要はない石破茂●合流への挑戦に後悔はなしそして臨む野党再編前原誠司×〔聞き手〕井手英策●なぜ安倍政権は支持率が低下したのかデータから分析するコロナ禍の各国首脳支持加藤創太●【対談】米国は? 日本は? コロナで見えた新たなリーダー像世界を席巻 リバタリアン的若者と指導者はどう向き合うか宇野重規×渡辺靖●《隣国リーダー解剖学》(1)習近平 土着共産主義者の皇帝化益尾知佐子(2)文在寅 フォロワーの支持は続くか浅羽祐樹●【対談】『沖縄決戦』八原博通と瀬島龍三の発掘資料から読み解く誰も責任をとらない日本軍 組織の病戸部良一×武田知己●「昭和史の天皇」を次世代に引き継げ伊藤隆●「昭和の戦争・軍事史」必読10冊筒井清忠●アメリカ保守思想の変容と「小さな政府」の終焉会田弘継●西側諸国は中国といかに向き合うべきか?古代王朝からひもとく習近平体制の実態フランシス・フクヤマ●【対談】拉致問題と日韓対立に通底するもの外交から世界戦略なき「内交」を排せ姜尚中×田中均●【時評2020】香港情勢と民主化の「第三の揺り戻し」砂原庸介「消費減税」で英独の真似はできない日本土居丈朗「要」「不要」を判断するのはだれか?東浩紀●地球を名著で読み解けば(4)『KGBの男』で知る英国のインテリジェンス佐藤優●今こそ「つまらない政治」をデータで読み解くコロナ危機と知事のリーダーシップ曽我謙悟●推計作業を通して見えたもの九月入学論に見る教育政策の不毛相澤真一●共飲・共喫儀礼によって人類が確かめてきたもの内田樹●【好評連載】現代日本の分断線(3)ハッシュタグアクティヴィズムの広がり   伊藤昌亮疫病と健康の中国現代史(3)インフォデミックの先頭ランナー   高口康太大学とオリンピック【最終回】議論風発! 教員一九人のオリンピック学小林哲夫沖縄返還交渉の真実(3)返還交渉合意期限「a few」か「several」か モートン・ハルペリン地図記号のひみつ(4)陸軍衛生隊のワッペン──病院今尾恵介炎上するまくら(45)手に汗握る選挙制度立川吉笑●【グラビア】日本の至宝(33)鳥獣戯画断簡文◎田沢裕賀甦った浅草寺本堂扁額撮影・文◎田村仁●【連載/コラム】ニュースの一枚音楽には物語がある(21)小谷野敦●【書苑周遊】新刊この一冊▼加藤文元著者に聞く▼笠井千晶このマンガもすごい!▼難波功士●説苑●編集後記●読者アンケ―ト

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A002432394","price":"850"}]

    セーフモード