若様組まいる

畠中恵

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    明治二十三年、ミナこと皆川真次郎は西洋菓子店を開いた。店には、旧幕臣の「若様組」の面々や、女学校に通うお嬢様・沙羅が甘い菓子と安らぎを求めてやってきた。その少し前――。徳川の世であれば、「若殿様」と呼ばれていたはずの旧幕臣の子息・長瀬とその友人は、暮らしのために巡査になることを決意。今は芝愛宕の巡査教習所で訓練を受けていた。ピストル強盗の噂が絶えない物騒な昨今、教習所でも銃に絡む事件が起きた。若様組の他、薩摩出身者、直参で徳川について静岡に行った士族たち、商家の子息たち、さまざまな生徒に、何やら胡散臭い所長や教員を巻き込んで、犯人捜しが始まる。大好評『アイスクリン強し』の前日譚。

    続きを読む
    • 若様組シリーズ 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      若様組シリーズ 全 3 巻

      2,257円(税込)
      22pt獲得

    レビュー

    3.6
    36
    5
    7
    4
    14
    3
    13
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/06/14Posted by ブクログ

      アイスクリン強しに続く2作目。前作を全く覚えてませんでしたf^_^;それでもおもしろく読めました!あとから気づきましたが、アイスクリン強しの方が後日談とのこと、順番的にはこちらを読んで、そのあとアイス...

      続きを読む
    • 2018/11/11Posted by ブクログ

      いつも通り非常に読み易い作風です。
      明治時代と私の好きな時代設定なので楽しめました。シリーズを読み切るかどうかは未定。

    • 2018/05/14Posted by ブクログ

      アイスクリン強しの続編、というか前日譚というか。長瀬をはじめとする若様組が、巡査になるため教習所(警察学校)に通うなかで起きる事件、育まれる友情。アイスクリンをもう一度読み直したくなる。
      長瀬がまだ若...

      続きを読む
    開く

    セーフモード