漂流自衛隊(4)戦国編

砧 大蔵

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    平成XX年4月、戦力の再編で北海道から滋賀県陸上自衛隊今津駐屯地に、90式戦車3輌が到着した。その翌日、駐屯地は説明不能の天変地異にみまわれ、見渡す限り田圃と森しかない見知らぬと土地と化してしまった。電気、水道、通信なども途絶し、想像外の出来事に混乱する駐屯地。調査の結果、織田信長が覇権を収めつつある天正10年(1582年)にタイムスリップしてしまったことが判明した。弱肉強食の時代を生きるため今津駐屯地部隊は、事態の調査の際、世話になった一向宗の僧侶・廻向の仲介で、反信長勢に荷担することとなる。そして明智光秀が反旗を翻したとき、部隊は90式戦車と共に本能寺に向かう。狙うは「信長の命」!改変された歴史は何処に向かっていくのか?大好評「漂流自衛隊シリーズ」は意表をついた展開を迎え佳境に突入。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード