ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈2〉炎龍編〈上〉

著:柳内たくみ イラスト:黒獅子

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    銀座事件の賠償をめぐり、日本政府と『特地』を統治する帝国との交渉は、なかなか進展を見せずにいた。この状況を打開するため、皇女ピニャは日本側と協力し、帝国貴族と伊丹耀司ら日本関係者の交流の場として園遊会を開催する。一方、帝都から遠く離れたアルヌスでは、炎龍に父親を殺されたエルフの娘テュカが、深い心の傷を抱えて苦しんでいた――

    続きを読む
    • ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 全 10 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 全 10 冊

      6,600円(税込)
      66pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(7件)
    • 2013/04/07

      柳井たくみのゲート2.炎龍編を読みました。
      「自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」という副題のゲートの続編です。

      銀座に突然開いてしまった異世界との門(ゲート)の向こう側で自衛隊の伊丹が活躍します。

      ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2013/11/11

      えーと、先日1泊2日の検査入院などというモノをしまして、そんときにこりゃいい機会(?)じゃわいとドドドとまとめ読みしたのデスね。だもんで、どの巻がどんな内容だったかよく覚えてないのす。

      んと、怒涛の...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2018/10/14

      『炎龍編』※炎龍はまだ出てきませんw(状況紹介とセットアップ)
      とはいえ、政治の出番来たー!(ラコック補佐官みたいなのが出てくればなお良かったのにw

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード