雅や京ノ介 南朝の刺客

著:麻倉一矢

691円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    京ノ介が姉・後桜町帝の密命を帯び、江戸に来て四カ月。私塾〈雅や〉は活況を呈していた。ある日、家来とともに自作の和歌を売り歩く京の名家久我(こが)家の夕姫と知り合い、和歌作りを手伝うことになった。しかし夕姫の挙動に違和感を覚え、京ノ介は正体を調べ始める。一方幕府では、尊皇論者山県大弐(やまがただいに)の柳荘塾の動きを重く見て、朝廷を弾圧しようとする動きが生じていた。シリーズ第二弾!

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/01/16Posted by ブクログ

      第二弾
      良く分からないが十代将軍の時代に南朝の後胤が、母が天皇に近づけられた密偵?そして無事に江戸にいることが分かり対面は果たすが!
      宿敵となりそうな醍醐彦九郎!
      この程度の内容での続きはシンドイ

    セーフモード