蒼空時雨

著者:綾崎隼

627円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ある夜、舞原零央はアパートの前で倒れていた女、譲原紗矢を助ける。どこにも帰る場所がないと語る彼女は居候を始め、次第に猜疑心に満ちた零央の心を解いていった。やがて零央が紗矢に惹かれ始めた頃、彼女は黙していた秘密を語り始める。その内容に驚く零央だったが、しかし、彼にも重大な秘密があった。 二人は自分の居場所を見つけるため、互いに秘密を打ち明け始める。まるで、雨宿りでもするかのように。巧妙に張り巡らされた伏線が、いくつも折り重なったエピソードで紐解かれる、新感覚の青春群像ストーリー。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    143
    5
    19
    4
    56
    3
    52
    2
    13
    1
    3
    レビュー投稿
    • 2019/10/18Posted by ブクログ

      キュンキュンすると聞いていたけど、この物語をキュンキュンして読むには歳を取りすぎた。
      読みやすいし、物語の中に仕込みもあるからサッと読める。

    • 2019/09/23Posted by ブクログ

      いやいや、1か月も一緒に暮らしててそれを知らないでいられるのは、相当の奇跡ですよ。
      必死に隠してたのかな。
      ぐるぐるっとまとまっていくストーリーは素敵だけどね。
      そして、この時点である程度はノーブルチ...

      続きを読む
    • 2019/09/02Posted by ブクログ

      今の年齢で読むような本ではないかもしれないけど、その辺り敷居は低いので、レッドスワンを読んだ流れから読んでみました。
      軽く読める一方で、それなりに重い部分もあり、いろいろ感じながら読めたので、個人的に...

      続きを読む
    開く

    セーフモード