蜜蜂と遠雷(下)

著:恩田陸

763円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2次予選での課題曲「春と修羅」。この現代曲をどう弾くかが3次予選に進めるか否かの分かれ道だった。マサルの演奏は素晴らしかった。が、明石は自分の「春と修羅」に自信を持ち、勝算を感じていた……。12人が残る3次(リサイタル形式)、6人しか選ばれない本選(オーケストラとの協奏曲)に勝ち進むのは誰か。そして優勝を手にするのは――。

    続きを読む
    • 蜜蜂と遠雷 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      蜜蜂と遠雷 全 2 巻

      1,526円(税込)
      15pt獲得

    レビュー

    • 2020/01/19Posted by ブクログ

      「蜜蜂と遠雷」恩田陸著、幻冬舎、2016.09.20
      510p¥1,944C0093(2020.01.07読了)(2020.01.04借入)
      2018年12月に、宮沢賢治に関する講演会を聞きに行きまし...

      続きを読む
    • 2017/03/05Posted by ブクログ

       3年毎の開催され、新しい才能が現われるとして世界から注目される芳ケ江国際ピアノコンクールは第6回を迎えた。パリオーディションに突如現われた風間塵という少年。彼には数か月前に亡くなった伝説のピアニスト...

      続きを読む
    • 2017/05/08Posted by ブクログ

      文句なしの傑作です。文字と文字の間からピアノの旋律が聞こえてくる。こんなに読んでてハラハラドキドキする音楽小説にはそうそう出会えません。

      国際ピアノコンクールを舞台に出場した4人の若者の成長と葛藤を...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002151815","price":"763"}]

    セーフモード