日本極道史~昭和編 18巻

日本極道史~昭和編 18巻

奸知をもって、ついに六代目森田組の座に納まった砂川辰三郎は、松浦勇吉が死んだあと、組長不在のままの松浦組を牛耳ろうと、松浦組の跡目を広尾鉄平に継がせようとした。松浦組若頭の加納健治が出所してくる前に、加納の立場を無くしておこうとの考えであった。だが、果たして出所した加納の放免祝い席上、事件は起こった――。

ジャンル
青年マンガ
出版社
グループ・ゼロ
掲載誌/レーベル
マンガの金字塔
提供開始日
2016/08/12
ページ数
357ページ

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】132円(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/05/31 23:59 まで有効

同シリーズ

開く