ゴブリンスレイヤー11

蝸牛くも/神奈月昇

682円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ゴブリン退治はもう飽きたっ!」「なんじゃい、そんなら竜退治にでも行くんか?」夏、妖精弓手や鉱人道士が騒がしいギルドの酒場に、女商人が訪れた。「お願いしたい冒険があるのです」砂漠の広がる東の国境にゴブリンが増えているらしい――。女商人は東国に商談に向かう護衛として、彼ら一党に同行して欲しいという。「やはりゴブリンか。いつ出発する? 俺も行こう」文化の異なる砂漠の隣国、そこで待ち受ける残虐な罠、たまさか出会う砂漠の民、交錯する仕掛人。紅砂の先、彼らは邪悪な企みを知る――。蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第11弾!※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

    続きを読む
    • 「ゴブリンスレイヤー」シリーズ 全 12 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      「ゴブリンスレイヤー」シリーズ 全 12 巻

      8,162円(税込)
      81pt獲得

    レビュー

    • 2017/03/23Posted by ブクログ

       村々を襲うゴブリンばかりを討伐するゴブリンスレイヤーの物語である。どうも元となったのはやる夫系のAA作品だったらしいが、そちらは未読である。
       ファンタジー系の物語において、ゴブリンと言えば一山いく...

      続きを読む
    • 2017/04/21Posted by ブクログ

       今回は辺境の街の収穫祭を突け狙うゴブリンの首魁を対峙する物語。休日を堪能するゴブリンスレイヤーの貴重な生態が記録された巻である。
       この辺の物語は、ライトノベル的な体裁を整えていると言ってもいいだろ...

      続きを読む
    • 2017/04/21Posted by ブクログ

       ゴブリン退治を生業とするゴブリンスレイヤーの物語第二弾は、辺境の街からほど近い辺境最大の都市「水の都」でゴブリンを対峙する物語である。
       先の巻で出会った妖精弓手、蜥蜴僧侶、鉱人道士の三人らとともに...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002235175","price":"682"}]

    セーフモード