ゴブリンスレイヤー10

蝸牛くも/神奈月昇

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    春、ゴブリン退治の傍ら、葡萄園の警備をすることになったゴブリンスレイヤーの一党。その葡萄園は、女神官の育った地母神の神殿のものだった。そんなある時、女神官が姉のように慕う神殿の葡萄尼僧がゴブリンの娘だという噂が広がる――。周囲の心ない声に胸を痛める女神官、それに対し、迷いを感じるゴブリンスレイヤーはある決断を下す。「たぶん……今日、明日はゴブリン退治はやれん」「何をするにしても、頑張ってくださいね! 応援、してますから」街の影を走る闇の仕掛人が暗躍する中、小鬼殺しに手はあるのか!?蝸牛くも×神奈月昇が贈る

    続きを読む
    • 「ゴブリンスレイヤー」シリーズ 全 12 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      「ゴブリンスレイヤー」シリーズ 全 12 巻

      8,162円(税込)
      81pt獲得

    レビュー

    • 2017/03/23Posted by ブクログ

       村々を襲うゴブリンばかりを討伐するゴブリンスレイヤーの物語である。どうも元となったのはやる夫系のAA作品だったらしいが、そちらは未読である。
       ファンタジー系の物語において、ゴブリンと言えば一山いく...

      続きを読む
    • 2017/04/21Posted by ブクログ

       今回は辺境の街の収穫祭を突け狙うゴブリンの首魁を対峙する物語。休日を堪能するゴブリンスレイヤーの貴重な生態が記録された巻である。
       この辺の物語は、ライトノベル的な体裁を整えていると言ってもいいだろ...

      続きを読む
    • 2017/04/21Posted by ブクログ

       ゴブリン退治を生業とするゴブリンスレイヤーの物語第二弾は、辺境の街からほど近い辺境最大の都市「水の都」でゴブリンを対峙する物語である。
       先の巻で出会った妖精弓手、蜥蜴僧侶、鉱人道士の三人らとともに...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002127215","price":"671"}]

    セーフモード