求めて候 幕末牢人譚 弐

鳴海 章

702円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    勤王か佐幕か――安政期、政権は大きく揺らぎ始める。時代の荒波に揉まれながら死に場所を求める牢人や若者たち。何のために生きているのか。一刀流の極意を体得するも人斬りへと身を落とした針谷清蔵や、捨てきれない過去に苦悩する南部権十郎も、その答えを命がけで知ろうとしていた。その間も政情の荒廃は進み、ついに桜田門外の変が勃発する。時代小説の新機軸を打ち出す第二弾。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード