幕末牢人譚 秘剣 念仏斬り

鳴海 章

594円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    嘉永六年、品川宿。何とかなるの一念で江戸に出た針谷清蔵。侍を気取っているが実は貧農の三男で、剣の腕はからっきし。かたや南部権十郎。剣の腕はたしかだが、その日の食にも難儀している牢人者。折しも黒船来航で視察に来ていた佐久間象山、供侍の勝麟太郎との邂逅が、ふたりの運命を大きく変えていく――。時代のうねりに搦めとられた牢人たちの渡世を通して幕末を描く時代小説。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード