魔術士オーフェンしゃべる無謀編6

著:秋田禎信 イラスト:草河遊也

1,045円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『魔術士オーフェン』の短編シリーズとして、1995年から2000年にかけて雑誌『ドラゴンマガジン』(富士見書房)誌上で連載された[無謀編]を再編集、さらに秋田禎信が書き下ろす新作短編を収録!【あらすじ】原大陸を統べる≪魔王≫の三女、ラチェット・フィンランディは呆れていた。知性のない上の姉に。視野の狭い下の姉に。そして、どうしようもなく鈍い父親に。「校長の娘が三人もいるのに、どうして普通に教育を受けていないのかと問題になってな」 一家団欒の食卓にて、一家の大黒柱が話すこととしては程度が低いというか、なんというか。まあ、いずれにせよ姉たちに対してラチェットの意見は一つだ。「幼児教育からやり直した方がいいと思います」 自分に対し、反論をわめき続ける二人の姉を前に、≪魔王≫は信じられない一言を放った。「言っとくが俺は真面目な優等生だったんだからな」 そして、彼は語り始める。あの悪魔たちを矯正するために足掻き続けた、遠き日々を。チャイルドマン教室崩壊の危機!?を描いた書き下ろし『悪魔の話』を含む、虚飾と欺瞞に塗れた短編11本を収録!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード