魔術士オーフェンしゃべる無謀編4

50%OFF

著:秋田禎信 イラスト:草河遊也

1,045円522円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『魔術士オーフェン』の短編シリーズとして、1995年から2000年にかけて雑誌『ドラゴンマガジン』(富士見書房)誌上で連載された[無謀編]を再編集、さらに秋田禎信が書き下ろす新作短編を収録!【あらすじ】《魔王》オーフェンの長女ラッツベイン・フィンランディには、疑問があった。「父さんって友達とかいるの?」ともだちくらい、誰にでもいるはずだ。原大陸の覇者にして最強の魔術士と呼ばれる彼女の父親にも。しかしながら、見たことはない。もちろん会ったこともない。そうなれば、知りたいと思うのが人情である。何度無視されてもめげずに質問を繰り返す彼女に、オーフェンはついに重い口を開いた。「……定義による」そして、オーフェンは思い出す。親友と過ごした、騒がしくも楽しい青春の日々。あの頃の自分は、友情を感じることもあった気がする。……たぶん。親友(?)と過ごすオーフェンの青春時代(?)を明かす書き下ろし『余計な話』を含む、友情賛歌絶唱の短編11本収録!

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/03/25Posted by ブクログ

      なんというかあれ。いかにまともな女性がいないのか、ってのが良くわかる回。 あと今更だけど、やっぱりオーフェンの相棒はコギー派ですわ。

    セーフモード