バック・シャッツ・シリーズ (2) もう過去はいらない

著:ダニエル・フリードマン 訳:野口百合子

1,099円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

    88歳のメンフィス署の元殺人課刑事バック・シャッツ。歩行器を手放せない日常にいらだちを募らせる彼のもとを、アウシュヴィッツの生き残りにして銀行強盗イライジャが訪ねてくる。何者かに命を狙われていて、助けてほしいという。彼とは、現役時代に浅からぬ因縁があった――犯罪計画へ誘われ、強烈に断ったことがあるのだ。イライジャは確実に何かをたくらんでいる。それはなんだ。88歳の伝説の名刑事vs.78歳の史上最強の大泥棒。大好評『もう年はとれない』を超える、最高に格好いいヒーローの活躍!/解説=川出正樹

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    14
    5
    1
    4
    8
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/25Posted by ブクログ

      面白かった。理不尽な世の中で正義の人であることより、自分のルールで行動してきたじいちゃん。ハードボイルドしてました。

    • 2018/10/07Posted by ブクログ

      88歳の歩行器をつけたダーティーヒーローが主人公という点が、他の警察小説とは一線を画する。そして、クスッとする皮肉も小説のいたるところに散りばめられているので、読んでいて飽きない。前作はまだ読んでない...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/04/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード