【最新刊】バック・シャッツ・シリーズ (2) もう過去はいらない

バック・シャッツ・シリーズ

著:ダニエル・フリードマン 訳:野口百合子

1,119円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    88歳のメンフィス署の元殺人課刑事バック・シャッツ。歩行器を手放せない日常にいらだちを募らせる彼のもとを、アウシュヴィッツの生き残りにして銀行強盗イライジャが訪ねてくる。何者かに命を狙われていて、助けてほしいという。彼とは、現役時代に浅からぬ因縁があった――犯罪計画へ誘われ、強烈に断ったことがあるのだ。イライジャは確実に何かをたくらんでいる。それはなんだ。88歳の伝説の名刑事vs.78歳の史上最強の大泥棒。大好評『もう年はとれない』を超える、最高に格好いいヒーローの活躍!/解説=川出正樹

    続きを読む
    提供開始日
    2015/09/04
    • バック・シャッツ・シリーズ 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      バック・シャッツ・シリーズ 全 2 巻

      2,238円(税込)
      22pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      バック・シャッツ最高!!なんて痛快なんでしょう。いうこともいちいち格好いいし笑えるし。ローズは大変かもしれないけどある意味尊敬する。家族にいたらいいなとも思うけどやっぱり孫としてがベストかなあ?
      もう...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      1作目の方が評価が高いようだが自分は断然本作の方に軍配を上げたい。本書は介護が必要な歩行器を使った老人のアクションものというよりユダヤ人問題の視点で読むとぐっとその内容に重みを感じる。米国のようなよそ...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      主人公は87歳の元殺人課の刑事。ユニークなヒーロー。孫と一緒に過去の落とし前をつけに行く羽目になる老兵。アルツハイマーにおびえながら、毎日「忘れたくないこと」を記録帳に書いている。若かりし頃のスタイル...

      続きを読む
    開く

    セーフモード