オロロ畑でつかまえて

荻原浩

495円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    【第10回小説すばる新人賞受賞作】人口わずか三百人。主な産物はカンピョウ、ヘラチョンペ、オロロ豆。超過疎化にあえぐ日本の秘境・大牛郡牛穴村が、村の起死回生を賭けて立ち上がった!ところが手を組んだ相手は倒産寸前のプロダクション、ユニバーサル広告社。この最弱タッグによる、やぶれかぶれの村おこし大作戦『牛穴村新発売キャンペーン』が、今始まる――。ユーモア小説の傑作。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード