絶対城先輩の妖怪学講座 七

著者:峰守ひろかず

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「顰衆」との一件で、『妖怪学』への意識が変わった絶対城。自分なりの妖怪学論を執筆するため資料整理にあたっていると、紫から「座敷わらし」に関する情報を耳にする。一行は山間の巨木が佇む廃村「神籬村」を訪れ、座敷わらしの正体を突き止めた。 一方、東勢大学では謎のドラッグが広まりつつあり、絶対城と杵松が対処に一役買うことに。大学と神籬村という、遠く離れた場所での、一見関係のない出来事が次々と繋がってゆき……そしてその脅威は礼音にまで及ぶのだった。 絶対城を巡る礼音と晃の関係も見逃せない、新章突入の伝奇譚、第七弾!

    続きを読む
    • 絶対城先輩の妖怪学講座 全 12 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      絶対城先輩の妖怪学講座 全 12 巻

      8,030円(税込)
      80pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2019/12/30Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/12/13Posted by ブクログ

      これはフィクションです。(著者談)
      大事なことですね。書いておかないと、そうなのかーと・・・あぶない、あぶない。
      一度は名前を聞いたことがある妖怪が登場します。
      「文学部4号館4階44番資料室、俺はい...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/02/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード