【最新刊】絶対城先輩の妖怪学講座 十二

絶対城先輩の妖怪学講座

12冊

著者:峰守ひろかず

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『真怪秘録』をまとめる中で、妖怪学の限界を感じたという絶対城。熱意を失った彼は、文学部の非常勤講師として妖怪学を教えてくれないか、という織口からの誘いも断ってしまう。 そんな中、礼音が何者かに狙われていることが発覚。大切な人を守るため、事件の調査に乗り出す絶対城だったが、一方で、その一件の解決をもって妖怪学徒を廃業するとも宣言し――。 猫また、猫ばば、五徳猫。事件の鍵を握るのは『猫』!? 絶対城阿頼耶、最後の事件!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/12/25
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • 絶対城先輩の妖怪学講座 全 12 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      絶対城先輩の妖怪学講座 全 12 巻

      8,030円(税込)
      80pt獲得

    レビュー

    3.8
    88
    5
    23
    4
    31
    3
    30
    2
    4
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/04Posted by ブクログ

      東勢大学文学部四号館四階、四十四番資料室には、怪人が棲まうという。その名は、絶対城阿頼耶(ぜったいじょう・あらや)。〝妖怪学〟を研究する絶対城のもとに、今日も怪奇現象絡みの謎が持ち込まれる…。

      変人...

      続きを読む
    • 2020/01/14Posted by ブクログ

      最終巻。親しんできた心地よいこの雰囲気と別れるのは辛い。初期にあった風刺性が徐々に失われたのは残念だが、見事な大団円である。

    • ネタバレ
      2019/12/30Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード