〈オーリエラントの魔道師〉シリーズ (6) 紐結びの魔道師

著:乾石智子

712円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    紐結び(テイクオク)の魔道師リクエンシス。紐を蝶結び、漁師結び、釘結びとさまざまに結ぶことで、幸福をからめとり、喜びを呼びこむかと思えば、巧みに罠をしかけ、迷わせもする。あるときは腹に一物ある貴石占術師を煙に巻き、魔道師を目の敵にする銀戦士と戦い、あるときは炎と大地の化け物退治に加勢する羽目になり、またあるときはわがままな相棒の命を救わんと奮闘し、果ては写本の国パドゥキア目指して危険な砂漠を横断する。コンスル帝国衰退の時代、招福の魔道師とも呼ばれるリクエンシスの活躍を描く、〈オーリエラントの魔道師〉シリーズ第6弾。/解説=池澤春菜

    続きを読む

    レビュー

    4.4
    17
    5
    10
    4
    5
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/14Posted by ブクログ

      オーリエラントの魔道師シリーズの中で、一緒にいていちばん安心できそうな魔道師の話。
      闇を身に持ちそれを自覚しながら生きていくリクエンシスが頼もしい。あと単純に紐がたくさん結ばれているのを想像するとかわ...

      続きを読む
    • 2019/06/07Posted by ブクログ

      シリーズの中では1番好きかもしれない。
      エンスの飄々とした生き方と、時々の相棒との掛け合いも面白かった。
      エンスとニーナがこの先どう生きて行くのか、とっても気になる。

    • 2018/12/08Posted by ブクログ

      シリーズ第5弾は一人の魔導師の短編集
      解説の池澤春奈と同じでリクエンシスが今のところ一番のお気に入り♡

    開く

    セーフモード