英語が面白くなる 東大のディープな英語

著者:佐藤ヒロシ

1,080円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

    東大の英語は出題形式が幅広く、基礎知識をもとに「読む・書く・聞く」全てに使える力が求められる。そんな出題に込められた東大の「哲学」を明らかにするとともに、東大英語の奥深さを再認識する一冊。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/07Posted by ブクログ

      代々木ゼミナールの英語科講師の著者が、東大の英語入試問題を通して、いかに東大の英語入試問題が英語の問題として良問であるかということを示しつつ、英語の読み方や英語の発想・仕組みのポイント等を解説。
      確か...

      続きを読む
    • 2018/07/03Posted by ブクログ

       東大英語が単に知識の多寡や勝手な想像力を試すものではなく、ちゃんと初歩的な英文法の知識に基づき、文意を考えるという読解の基本的な作業をちゃんとやれば解けるものであることを示したもの。
       おれが英語の...

      続きを読む
    • 2014/07/19Posted by ブクログ

      東大が求めているのは英米でも一部のインテリしか知らないような高級な単語をいくつ覚えているかといったような暗記競争とは無縁の、むしろ英語学習者は誰もが知らなければいけない、それでいて忘れがちのことをしっ...

      続きを読む

    セーフモード