さよならソルシエ 1巻

穂積

462円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    19世紀末、パリ。のちの天才画家ゴッホを兄に持つ、天才画商テオドルスの、知られざる奇跡の軌跡。生前、1枚しか売れなかったゴッホが、なぜ現代では炎の画家として世界的に有名になったのか…。その陰には実の弟・テオの奇抜な策略と野望があった!兄弟の絆、確執、そして宿命の伝記!

    続きを読む
    • さよならソルシエ 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      さよならソルシエ 全 2 巻

      924円(税込)
      9pt獲得

    レビュー

    4
    129
    5
    44
    4
    55
    3
    25
    2
    4
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/09/16Posted by ブクログ

      19世紀の美術界の傾向が垣間見れる。古い既存の様式に縛られたアカデミズムにアンチテーゼを突きつけ、“新しい芸術”を興そうとする若い画家たち――後に印象派と呼ばれる――の活動を、画商の視点から描く。
      ...

      続きを読む
    • 2017/10/17Posted by ブクログ

      ゴッホのイメージ、弟のテオのイメージを覆す!
      天才的で反骨精神溢れるテオ、
      絵の申し子のフィンセント。
      パリで再会したした二人を取り巻くのは、
      旧体制の美術関係者と新しい美の担い手たち。
      怜悧でまさに...

      続きを読む
    • 2017/05/12Posted by ブクログ

      画家のゴッホと彼の弟テオを中心とした話ですが、完全にフィクション。兎に角テオの絵柄が好みのドストライク過ぎて大変に至福でした。
      一巻はテオが画商として画壇と対立する構図がほとんどで、合間に兄との昔話が...

      続きを読む
    開く

    セーフモード