ぼくんち 下

著者:西原理恵子

506円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    恵まれない人たちの心温まる家族の絆、独自のタッチでを描く、西原理恵子の代表作。

    続きを読む

    レビュー

    4.3
    6
    5
    3
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/01/06Posted by ブクログ

      家族解散。
      この家族にはおきてが一つだけある。
      「おかあちゃんを泣かしたらあかん」
      ぼくはこの掟はアフリカの生きものみたいでかっこいいと思う。

      ・・・泣いたらあかん。

      ""こういうときは笑うんや

    • 2010/08/31Posted by ブクログ

      きれいはきたない、きたないはきれいという
      ことばがあるがこの作品はそんな感じ。
      (引用元の使われ方とは違うけど)

      たくましくなければ生きていけない。
      世間はちっとも優しくない。

      だから泣くんじゃな...

      続きを読む
    • 2010/07/17Posted by ブクログ

      上中下巻とあります。全巻読破しました。
      なんだろう…この感じ。言葉にできません。
      一人一人の個性もさながら、人間の心の奥深く(汚い部分を含めて)を随所に突いてるというか。
      一話一話が胸に突き刺さります...

      続きを読む
    開く

    セーフモード