ダンタリアンの書架3

三雲岳斗

616円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ダリアンは荒れていた、怒っていた、罵倒していた。読み終えた王都で人気の流行小説第二巻。その三部作の最終巻が刊行されぬまま作家レニー・レンツは半年前に死んでいたのだ。だが、そのレンツからヒューイへ助力を求める手紙が!「奇妙な書物によって囚われた私たちを助けて欲しい」と――。ダリアンは手紙の住所に向かった、続きを書かせるために!人の欲望に応え、不思議な力を発揮する悪魔の本を巡る、少女の冒険、第3弾!

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    9
    5
    0
    4
    2
    3
    7
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/10/01Posted by ブクログ

      焚書官登場。
      この子たちのほうが主役よりもキャラ立ってるのでは?と思ってしまう。
      短編だからかラノベだからか、ちまちましてる印象。
      気が狂った女が~系は飽きたなあ。

    • 2013/01/16Posted by ブクログ

      【収録作品】第一話 「換魂の書」/第二話 「忘却の書」/第三話 「黄昏の書」/断章一 「眠りの書」/第四話 「魔術師の娘」/断章二 「美女の世界」/第五話 「償いの書」

    • 2011/10/15Posted by ブクログ

      なんか面白さが逓減してる気がする。連作短編の宿命、ネタ切れとマンネリ化か。焚書官とのくだりは新要素となってくれることを願う。

    開く

    セーフモード