憂国のラスプーチン 2巻

原作:佐藤優 作画:伊藤潤二 脚本:長崎尚志

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

中身はほぼ真実! 国会議員の愛読者増加中! 元外交官の主人公・憂木衛は、背任と偽計業務妨害の容疑で東京地検特捜部に逮捕されたものの、断固として無実を主張する。手こずった検察は、周囲の関係者を続々と逮捕し始めた。ロシアで親しくしていた商社マン、筋の通らない事は納得しない外務省の同僚…… いずれも憂木が一目置く、気骨ある男ばかり。ところが皆、次々と憂木の罪を認めていく……!? 一方、憂木が尊敬する都築議員も逮捕されるが、断固として無実を主張。すると検察は、難病で治療中の元女性秘書を逮捕した。逮捕・勾留されると満足な治療を受けられず、命に関わると都築は焦るが……? 容疑者を“落とす”ためには、逮捕して拘置所に監禁し、罪を認めるまでずっと保釈しないというのが、検察の国策捜査の実態なのだ。憂木はどう対抗するのか!?

続きを読む
  • 憂国のラスプーチン 全 6 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    憂国のラスプーチン 全 6 巻

    3,630円(税込)
    36pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3
1
5
0
4
0
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2012/10/11Posted by ブクログ

    読めば読むほど外務省はダメだなぁと思うけど、描いている人が外務省に対しての気持ちを考えると割り引いて読む必要があるのかもしれないとも思う。でも、結局お役所の官僚に対して、素晴らしい人だという気持ちを持...

    続きを読む
  • 2018/10/28Posted by ブクログ

    【由来】


    【期待したもの】

    ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習慣を身につける訓練。

    【要約】


    【ノー...

    続きを読む
  • 2011/08/13Posted by ブクログ

    何時の間にか2巻がでてた。伊藤潤二の書くホラー調の検察と事務官がいい!ただ、佐藤優と思しき主人公が実物と違いすぎて内容の信憑性を減殺させている気がします。。

[{"item_id":"A001850975","price":"605"}]

セーフモード