軍団総帥 田中角栄の反攻 ロッキード裁判傍聴記 (3)

立花隆

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    自民党内で着実に勢力をとりもどしつつあった田中角栄。「榎本アリバイ」を盾に無実を勝ち取ろうと法廷の内外で行動をおこす田中角栄だったが、榎本三恵子による「ハチの一刺し」証言によって田中側の反証は崩れてしまう。田中派のリーダーとして権勢を誇った田中角栄を追ったドキュメンタリー。電子化版の特別増補として、第三巻では1980年1月の木曜クラブ結成から、1981年12月の榎本敏夫の入院まで、ロッキード裁判とその時代が解る新聞資料と、「文藝春秋」1981年3月号に掲載された、立花隆の「『田中角栄独占インタビュー』全批判」を掲載する。

    続きを読む
    • ロッキード裁判傍聴記 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ロッキード裁判傍聴記 全 4 巻

      3,080円(税込)
      30pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000057338","price":"770"}]

    セーフモード