アカギ (28) 生滅の闘牌

福本伸行

432円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

深夜の雷光に傲然と浮かぶ白髪の青年。幾度となく死の淵まで誘ったものの未だ黄泉へ堕ちることなく、不敵な眼差しでこちらを射る。それは彼岸の闇の向こうの光のトンネルからの眼差しだ。我は王なり。なん人たりとも我を怯えさせるものはない。数え切れぬ人々が我に許しを乞い、崇め、媚び、ひれ伏してきた。お前も額ずけ、しかしながら、気がつけば当方が冥府のとば口に佇んでいる。誰だお前は。――後に神域の男と呼ばれ、裏社会に君臨する赤木しげるだった。

続きを読む
  • アカギ 全 36 巻

    未購入巻をまとめて購入

    アカギ 全 36 巻

    15,552円(税込)
    155pt獲得

レビュー

2.5
2
5
0
4
0
3
1
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2014/09/25Posted by ブクログ

    ここで取り決めを反故する男、そんな者が鷲巣巌であるわけがない!
    鷲巣様、あんたは凄い!
    それにしても第247話を読む限りまた違う展開になっており先行きが心配この上ない。

  • 2013/12/12Posted by ブクログ

    ついにでた北。
    先日、近代麻雀を読んだら鷲巣が富士山から巨大化して登場していたが、こういう展開だったのか。
    ということは南4もあるのね。

セーフモード