アカギ (27) 闇漠の闘牌

福本伸行

432円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

昭和33年、初めて打った麻雀で異才を発揮し、極道相手に次々と勝利した少年の赤木しげる。そして7年後、権力を利用し巨万の富を築いた老人、鷲津は退屈に倦み、血液を賭ける狂気の麻雀を考えつく。不良刑事の安岡、稲田組若頭の仰木、鷲津、アカギの生き血を懸けた麻雀も、6回戦の南3局。鷲津は6億円と1100CCの血液、アカギは2300CCの血液を失うが…。

続きを読む
  • アカギ 全 36 巻

    未購入巻をまとめて購入

    アカギ 全 36 巻

    15,552円(税込)
    155pt獲得

レビュー

3.3
3
5
1
4
0
3
1
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2014/09/25Posted by ブクログ

    まだまだ続く南3局編。
    最近気づいたが表紙の鷲巣様の歯がカラフルになっている。
    そんなことよりアカギのスリルある鬼博打を堪能されたい。

  • 2014/02/19Posted by ブクログ

    あぁもう読んでる最中、ずっと福本先生の手の上で踊らされてるような気がしてました
    『おぉ、とうとうあがりか!』なんて思ってみたり
    『キター!!』ってツモった牌みて思ったり
    『なんであがらないんだー!!』...

    続きを読む
  • 2013/07/17Posted by ブクログ

    いくらなんでも決着つくかと思われたが.......それは次巻(たぶん)に持ち越し。
    それにしても仰木さん、まるで鷲津サイドの壁役みたいな表情の豊かさ。

セーフモード