アラビアン・ナイト (4)

訳:前嶋信次

1,540円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに、各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳版。第4巻は、第58夜から第106夜、「オマル・ブヌ・アン・ヌウマーン王とそのふたりの御子シャルカーンとダウール・マカーン、そしてこの人たちに起こった驚異・珍奇な物語」(続き)。

    続きを読む
    • アラビアン・ナイト 全 19 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      アラビアン・ナイト 全 19 巻

      29,260円(税込)
      292pt獲得

    レビュー

    レビューコメント
    • こんかいは、おわりから、はじめまで、ひとつのものがたりだった。とちゅうの講義のぶぶんが、よむのが、たいへんだった。

    • まがつびの媼の謀りがつぎつぎとなされるのが見ていて痛烈だった。解説でも指摘されていたが、美女がイスラムの教えを進講するところが分かりづらかった。

    • イスラムから見たキリスト教徒の描かれ方が興味深いです。とりあえず、まがつびの媼の極悪ぶりが半端ない…

    セーフモード