なれの果ての僕ら 2巻

内海八重

462円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 231(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

『骨が腐るまで』内海八重の最新禁断サスペンス! 同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと…。偽りの同窓会で行われる、“善悪”を暴く背徳の実験。 26人の高校生と1人の教師が監禁された。犯人・夢崎みきおによる“実験”が、人間の弱さと醜さを浮き彫りにし、命を奪う。──そして起こってしまった、仲間殺し。異常な状況に追い込まれた少年たちは、自らの手で罪を裁くことを決意する。それが、何を引き起こすのかも考えないまま。覚悟と責任を問う、戦慄のサスペンス。

続きを読む
  • なれの果ての僕ら 全 7 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    なれの果ての僕ら 全 7 冊

    3,267円(税込)
    32pt獲得
新刊を予約購入する

なれの果ての僕ら 8巻

2021-08-06発売 561円(税込)

レビュー

レビューコメント(1件)
  • 一番乗り
    2020/12/14
    裁判が奇妙

    どうも裁判が、梶原が主導しているように見えてみきおと雨宮との対立であり対決をしているように見える。
    表面上で切り取るのでは全てを割り切れないほどの深さがあると思えるのだが、それが何なのかはわからない。

    名称未設定 さんのレビュー
他のレビューをもっと見る

セーフモード